請西藩主に忠義を尽くした諏訪数馬という男

こんにちは。かる丸です。

 

以前、千葉県木更津市にある真武根陣屋跡の記事の中で、藩主でありながら脱藩した林忠崇に従って共に戦った"諏訪数馬"という男がいるとご紹介しました。 

www.shinsengumi.work

 

 この記事では諏訪数馬についての詳細は割愛したので、今回は彼について詳しくお話しさせて頂きます。

 

時々新選組から脱線する当ブログですが、幕末ということでお許しください(笑)

 

 

諏訪数馬とは

天保6(1835)年に生まれます。

父・諏訪幸右衛門は藩主の林忠英と忠旭の二代に仕えていました。

 

嘉永2(1849)年9月4日に幸右衛門が亡くなると、貝渕陣屋の陣代を務めた祖父に養われます。

 

数馬はやがて十六代請西藩主・林忠交の近侍となりました。


その後、本所松井町の中西福太郎の娘・せいと結婚。

二人の間には 息子・篤太郎が誕生します。


慶応3(1867)年6月に忠交が亡くなると、忠崇に仕えるようになります。

しかし数馬は生まれつき病弱で、本人もそのことを嘆いていました。

 

藩主・林忠崇への忠義

 慶応4(1868)年閏4月、幕府遊撃隊の伊庭八郎らの要請を受けた忠崇は、藩主自ら脱藩して幕府軍として闘うことを決意します。

 

この頃、数馬は労咳(肺結核)で三年ほど寝たきりで、従軍は認められませんでした。

しかし数馬は杖の代わりに槍にすがり従軍を懇願し、遂に同行を許されます。

 

その姿は「諸人落涙してこれを止む。聞かず、誠忠真に無二の士というべし」と記されています。

 

諏訪数馬の最期

4月8日に安房館山領長須村の来福寺付近に宿陣しました。

 

雨の中、伊庭八郎が小船を出して軍艦大江丸に漕ぎ着け、伊豆真鶴への出航を依頼します。

この時は豪雨であった為、10日に乗船することとなりました。


しかし既に歩行すらままならない状態であった数馬は、足手まといになることを恐れて自害を決意します。


4月9日朝、忠崇の介錯のもと、数馬は自らその生涯を終えました。

享年33歳。

 

戒名は恵光院善忠元鑑居士として来福寺に埋葬されました。

 

その後の忠崇

明治30年に忠崇が諏訪家に対し、数馬の肖像画と略伝を書いた掛軸を贈っています。

忠崇は絵が得意だったようです。

また、数馬への歌も詠んでいます。

 

散りてのみ ふかきかほりの いまもなほ

     残るや花の なさけなるらん

 

藩主の林忠崇も熱い男でしたが、諏訪数馬も忠義を貫いた男だったんですね。

 

f:id:karu_miburo:20190304202340j:plain請西藩屋敷跡